背中 ニキビ 治療

背中にニキビが!治療方法の種類と効果は

背中ニキビの治療方法はとても簡単な事です。
皮膚科に行くことです。

 

背中ニキビは、1度できると何度も繰り返すと言われているので、
病院へ行って治ったとしても再発する可能性があります。

 

なので、背中ニキビの症状が軽いうちに自宅で治してしまうもしくは悪化させない方法をいくつか紹介したいと思います。

 

 

衣類で背中ニキビを治す

 

やはり常に肌に着いているものなので、ここに気を遣うと効果的ですよ

 

背中って汗をかいても拭くことができないし、肌着を着けずに服を直接着てしまうと汗を吸収せずに、
汗あそのまま残り、毛穴の中でマラセチア菌というカビの一種が繁殖して背中ニキビができてしまいます。

 

 

肌着

 

肌着で注意する点は、は通気性や吸収性の良いものがいいです。
例えば、シルクやコットン100%の天然素材がおススメですよ

 

 

部屋着

 

帰宅後は部屋着に着替えると思いますが、部屋着もひと工夫すればより効果が望めるでしょう
汗をかく夏であれば、背中の開いた服がおススメですよ

 

 

パジャマ

 

寝るときにパジャマを着るのであれば、面倒かもしれませんが毎日替えるといいですよ
なぜかというと、パジャマには、寝汗や皮脂、背中ニキビのカビ菌などがついているためです。
毎日、変えて清潔にするのがポイントです。

 

裸で寝る人は、寝汗や皮脂、背中ニキビのカビ菌がシーツについているので、
毎日、シーツを変えるよにしましょう

 

 

 

お風呂で背中ニキビを治す

 

 

清潔にしようとして、体をゴシゴシ洗うのは逆効果です。
強い刺激は、摩擦によって肌が炎症を起こしてしまうので、ニキビを悪化させる原因です。
入浴時のポイントをいくつか紹介します。

 

 

入浴の順序

 

まず、気を付けることは、背中ニキビができる原因としては、シャンプーやボディーソープの洗い残しです。
なので、初めにシャンプーやトリートメントで髪を洗い、よくすすぎます。
そして、体を洗い、湯船につかってから、最後にシャワーを浴びてから出るといいでしょう。

 

そうする事によって、背中にシャンプーやボディーソープのすすぎ残りがなくなります。
すすぎ残しには、洗浄成分だけでなく、垢や皮脂などの汚れが含まれているので、それが毛穴につまりニキビの原因となるのです。

 

 

 

スキンケアで背中ニキビを治す

 

 

ニキビには保湿が大切だと言われています。
なぜなら、肌が乾燥すると、角質が厚くなり新陳代謝の周期が乱れて、老廃物が毛穴をふさいでしまいます。
これらを予防するためには、保湿が大切なのです。

 

 

背中は顔に比べて皮膚が分厚いので、表面だけの保湿ではダメみたいです。

皮膚から角質層までをすべてを包み込むバリアが必要なのです。

 

 

背中の皮膚の暑さは顔の約5倍あるそうなので、通常よりも浸透する保湿成分が必要となってきます。
ジッテプラスというジェルは、高い保湿力をもっており、背中ニキビに効果が期待できます。

 

その、高い保湿力は、アクシア-ヒアルロン酸という、大きさが異なる3種類のヒアルロン酸が配合された成分で、
浸透を助けるナノセラミドも配合されています。

 

背中ニキビの為に考えられたジッテプラスだけの特別成分です。

 

 

このジッテプラスを背中につけることで、背中ニキビを治し、キレイな背中をつくります。

 

 

関連ページ

背中ブツブツの原因について
背中にブツブツができる原因を知りたい
背中のブツブツに効く薬とは
背中にブツブツを見つけたときに、とりあえず塗っておきたい薬は何でしょうか?
背中ニキビの予防
なかなか気が付かない背中のニキビですが、それを予防する方法はあるのでしょうか?