背中 ブツブツ 原因

そもそも背中にブツブツが出来る原因は何?

背中を自分で見ることはないので、多少のブツブツがあっても気づきません。
ただ、痒くって掻いたりすると、背中が気になって鏡でみることがあるかもしれませんね

 

そもそも背中にブツブツが出来る原因は何でしょうか?

 

 

背中のブツブツの原因は4つあります。

 

  • あせも
  • マラセチア毛包炎(もうほうえん)
  • 粉瘤(ふんりゅう)
  • 毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

 

 

あせも

 

あせもの原因はなんでしょうか?

 

あせもは、汗をかいたまま放置しておくと、黄色ブドウ球菌というものが増殖してしまい、
皮膚の表面に赤っぽいブツブツが発生します。

 

あせもは黄色ブドウ球菌という細菌が原因だったのですね
黄色ブドウ球菌が増殖することで、免疫反応を起こして炎症をおこしてしまうのです。

 

予防策としては、背中に汗が残らないようにこまめに拭き取るか、吸収性の良いアンダーウェアを
着用することですね。
背中をできるだけ清潔にしておくことがポイントです。

 

 

マラセチア毛包炎(もうほうえん)

 

マラセチア毛包炎(もうほうえん)は、簡単に言えば、背中にできるニキビの事です。
知っていましたか?
ニキビはカビなんですね

 

顔にできるのはアクネ菌で、背中にできるニキビはマラセチア菌というカビの一種なのです。
なので、マラセチア毛包炎と呼ばれているのです。

 

 

シャンプーやリンスが流しきらずに、背中に残ってしまうと背中にニキビが発生するみたいです。
なので、髪の毛を洗ったあとに石鹸で背中を洗ったりすると防げることが多いようです。

 

 

 

粉瘤(ふんりゅう)

 

粉瘤も、聞きなれない言葉です。

 

粉瘤は老廃物が溜まってシコリとなったものなので、ブツブツがたくさんできることはないと思います。
たくさんブツブツがあって、それが全て粉瘤だったら大変な事です。
なぜなら、粉瘤は切開手術をして、芯(元)を取る必要があります。

 

炎症を起こさなければ痛みはありません。

 

 

 

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

 

毛孔性苔癬も聞きならない言葉ですが、毛穴に古い角質が詰まるのが原因のようです。
健康上は特に問題はありませんが、見た目が気になるだけです。

 

原因は良く分かっていないようで、遺伝というのが一番有力な説です。

 

 

皮膚科へ行って、背中ニキビと分かったならば、あとは治すだけです。
そして、背中ニキビ予防やニキビ跡をキレイにするために、ジッテプラスというジェルが人気なので、
一度、公式ページを覗いてみるといいですよ

 

 

関連ページ

背中のブツブツに効く薬とは
背中にブツブツを見つけたときに、とりあえず塗っておきたい薬は何でしょうか?
背中ニキビの予防
なかなか気が付かない背中のニキビですが、それを予防する方法はあるのでしょうか?
自宅できる背中ニキビの治療
軽症の背中ニキビであれば、皮膚科へ行かずに自宅でも治すことができます。その治療方法を紹介します。